夢の家を求めて

最近マンションの建設ラッシュが多くなっているので、分譲マンションは供給過多となっています。そして、そこからの価格安定があるので、以前よりかは多くの方々に購入しやすくなっている環境にあると言えるかと思います。しかし、その分建設会社は設備投資にお金をかけ、分譲マンションに付加価値を追加した物件で差異を作っていると言うものもあります。分譲マンションの価格については、以前以上に値幅が大きくなったとも言えるのかもしれません。

分譲マンションが一般にも購入しやすくなった背景として、銀行などが提供している住宅ローンの審査が優しくなっている事も挙げられます。消費者金融のグレーゾーン金利が問題視されたことで、金融業界全体の利息は以前より下がっているのです。つまり返済も簡単になったという事で、頭金さえ用意できれば、毎月の収入があるのなら一般サラリーマンの方などでも審査に簡単に通るという環境になっているのです。

住宅ローンに必要な頭金は、一般的にはマンション価格の1~3割程度になるという話です。マンションの価格はピンからキリまであることを考えると、住宅ローンを上手に使えば分譲マンションはさらに買いやすくなるかと思います。

Von , am 20. 11月 2014 um 0:00, keine Kommentare